「うつ病患者が増えた。精神科医だけでは対応しきれないので、かかりつけ医やプライマリケア医もうつ病を診るようにしよう」、「軽症のうつ病はプライマリケアの対象疾患だ」――。こうした言葉はよく耳にするし、「非専門医のためのうつ病講座」も各地で開かれている。そうした講座では、うつ病への対応として、認知行動療法などの非薬物療法も教えられるが、薬物療法が強調されることが多い。

プライマリケア医のうつ病治療に抗うつ薬はいらない?の画像

ログインして全文を読む