精神疾患による社会人の休職が増えている。特に長期休職者においては原因のかなりの割合を精神疾患が占めている。その一方で、精神科医が出す診断書でしばしば見掛ける「適応障害」や、マスメディアで取り上げられる「新型うつ病」は、単なる怠けに病名を付けているに過ぎないのでないかといわれることもある。

早めの精神科受診でかえって休職期間が延びる?の画像

ログインして全文を読む