「妊娠中だから薬は使いたくない」「妊娠中は薬の投与を避けたい」と妊娠中の薬物使用に対する不安から、患者自身、あるいは医師が、喘息治療薬が必要であるにもかかわらず中止、制限してしまうケースが少なからずある。しかし、妊婦が重篤な喘息発作を起すと、胎児は低酸素状態になり、流産、胎児発育不全、脳障害を起こす危険がある。

喘息の妊婦にはよく説明をの画像

ログインして全文を読む