喘息治療の長期管理における中心的薬剤は吸入ステロイド薬であるが、重症度や病状などの状況に応じて、テオフィリン徐放製剤、ロイコトリエン拮抗薬、長時間作用性β2刺激薬などを追加併用(add on)する。当院では、なるべく多くの薬剤を併用せず、シンプルかつ効率的な治療を心がけている。

併用薬使用の基本を押さえようの画像

ログインして全文を読む