喘息の病態は気道の炎症であり、最近の治療は「悪くなって病院に行く」のではなく、「悪くならないように定期的に通院する」ようになっていることを患者に説明することは、治療に当たって最も重要な部分だ。またガイドラインでは、軽症持続型から重症持続型まで吸入ステロイド薬を第1選択薬として位置付けており、気管支拡張薬と抗アレルギー薬では喘息治療は不可能であることを認識すべきだ。

患者説明のポイントと薬の選択の画像

ログインして全文を読む