喘息の日常診療で、漠然と多くの薬を併用していないだろうか、コントロールが不良であっても同じ治療を続けていないだろうか−−。喘息といっても、ごく軽症の段階から重症まであり、患者ごとに症状が異なるために、当然のことながら喘息の治療は、患者の状況に応じて適切に行うことが重要だ。喘息の日常診療で抑えておくべきポイントをまとめてみよう。

喘息の治療目標と重症度判定のコツの画像

ログインして全文を読む