今回は、裁判の仕組みの解説をお休みして、本年4月23日に高松地方裁判所で出された、品胎(三つ子)の一児が脳性麻痺となり2億円余りの賠償を認められた事例の紹介をさせていただこうと思います。なお、あくまで判決文のみに基づく紹介であり、カルテなどは閲覧しておらず、不明な部分もあることをご了承ください。

「三つ子の帝王切開の過失で賠償2億」の無理筋の画像

ログインして全文を読む