民事裁判の記録閲覧については、以前にご紹介したように、民事訴訟法という法律において「何人も、裁判所書記官に対し、訴訟記録の閲覧を請求することができる」と規定されており、裁判で提出されたカルテ、意見書、文献などを含め、原則として全てを閲覧できます。しかし、これも前に触れましたが、第三者が記録閲覧をする場合には、原則として複写(謄写)はできないことになっています。写真も撮れません。

ログインして全文を読む