日本の医療では、患者の費用負担は治療内容が同じならばどの医療機関でも基本的には同じである。同じ治療に関しては、全ての医療機関が同レベルの治療を提供できる、ということが前提となっているのである。ところが昨今、本来全国で均質であるべき医療の質にばらつきが生じていることが問題になっている。さらには、相対的な差のみならず、絶対的な医療の質のレベルが問題視される事態も起きている。

医療機関のフラグメンテーションの画像

ログインして全文を読む