需要と支出の抑制とともに、財源不足の解消のもう一つの柱となるのは「さらなる財源の確保」である。前述のように、現在の財源を、これまでの延長線上の負担率の引き上げだけで拡大することには限界がある。さらなる財源確保が強く求められるが、その可能性はどこにあるのだろうか。

さらなる財源確保の可能性の画像

ログインして全文を読む