日本政府がこれまで行ってきた医療費抑制策としては、例えば、薬価引き下げがあり、これによって1990年から現在まで約4%の支出削減を実現している。加えて、2000年以降は診療報酬に対しても削減策をとっており、わずかながらも一定の効果が現れている。

保険適用範囲は適正かの画像

ログインして全文を読む