では、医療費増と既存財源のギャップを埋めるための、より現実的なシナリオにはどのようなものが考えられるのだろうか。その選択肢を検討していくが、いずれの場合も痛みを伴う改革となることは必至である。

難しい選択を迫られる日本の画像

ログインして全文を読む