34歳女性。以前から感冒後や季節の変わり目に咳嗽が続くことがあったが、医療機関は受診していなかった。1週間前、感冒に罹患したことを機に咳嗽が止まらなくなり、夜間や早朝に睡眠が取れないほどであったため受診した。気管支喘息と診断し、中等症持続型相当にてアドエア250μg(1回1吸入朝・夕)とサルタノールを処方した。症状増悪時には速やかに再受診を指示し、1週間後の再診とした。

喘息症状コントロールのコツの画像

ログインして全文を読む