安楽死事件で揺れた同病院も、事件発覚から20日ほど経過したためか、落ち着きを取り戻しつつあった。連日取材で殺到していた報道陣の姿は見えず、新聞記者1人が玄関前で携帯電話で話しているだけだった。

射水市民病院「食堂 かぐら」の画像

ログインして全文を読む