チオトロピウム臭化物(商品名:スピリーバ)のレスピマット製剤は、現在のCOPDの治療選択肢の1つです。抗コリン薬を吸入することで気管支収縮を抑制し、1秒量を底上げすることができます。長い目でみれば、吸入抗コリン薬はCOPD患者の生存率すら向上させるというデータもあります。近年、スピリーバが喘息に保険適用されるようになり、ステップ4の重症喘息で処方される機会が増えてきました。

小児喘息にスピリーバレスピマットは効果があるのか?の画像

ログインして全文を読む