呼吸器科ではルーチンでD-ダイマーを測定することはあまりないのですが、びまん性肺疾患ではもしかしたら役立つマーカーになるかもしれませんね。

血清D-ダイマー値が高いと間質性肺疾患が増悪しやすい?の画像

ログインして全文を読む