特発性肺線維症(IPF)の臨床試験に組み入れられる患者さんは、IPFの集団の中でも合併症がなかったり比較的肺機能が良好だったり、「エリート」とされるサブグループであることが指摘されています。

実臨床におけるピルフェニドンとニンテダニブの忍容性は大規模臨床試験と同等の画像

ログインして全文を読む