CPAP療法に限らず、非侵襲性陽圧換気(NPPV)を使用する際、マスクから漏れるリークが多すぎないかどうかチェックする必要があります。寝相の悪い人は、CPAP療法中にマスクがズレてしまうことはしばしば。中には、寝ながらマスクを外してしまう患者さんだっています。それでも急性期のNPPVのような致命的なリスクがないのがOSAS(閉塞性睡眠時無呼吸症候群)・OSA(閉塞性睡眠時無呼吸)のCPAP療法なんですけどね。

CPAP療法の成否にリークは大事!の画像

ログインして全文を読む