外科的肺生検は、びまん性肺疾患を診療する医師にとって重要な位置付けです。しかし、リスクはつきもの。中には生検後に死亡する例もわずかながら存在します。こう聞くと、診断目的のためだけに肺生検を受け、亡くなってしまうようでは本末転倒であると患者さんは感じるでしょう。外科的肺生検がどのくらいリスクが高いものなのかを呼吸器科医は認識しておかねばなりません。過去に複数の研究グループが外科的肺生検の死亡率を調べていますが、死亡率は以下の表のような感じです。思っていたより多いと感じるでしょうか。

外科的肺生検の死亡率は何%?の画像

ログインして全文を読む