特発性肺線維症(IPF)は、ご存知の通り難治性の進行性呼吸器疾患です。じわじわと進行する私たち呼吸器内科医にとってにっくき疾患の1つですが、近年ピルフェニドン(商品名ピレスパ)やニンテダニブ(商品名オフェブ)の登場によって良好なアウトカムが複数報告されるようになりました。

人工呼吸管理を受けた特発性肺線維症患者の院内死亡率は50%の画像

ログインして全文を読む