ご存知の通り、耳毒性はアミノグリコシドの重大な副作用です。耳毒性は、前庭神経障害と蝸牛神経障害の2種類があります。これらは抗菌薬が有毛細胞に障害を与えることによって起こるとされています。耳毒性は濃度依存的に出現すると考えられており、累積投与量・期間と関連しています。そのため、結核治療におけるアミノグリコシドの使用は、できるだけ短期間で済ませたいところです。しかし、標準的な内服治療が難しい結核患者さんではこの薬剤は重要な位置付けです。特に多剤耐性結核のように使える薬剤が少ないケースでは、非常に重宝します。

N-アセチルシステインはアミノグリコシドの耳毒性を予防するの画像

ログインして全文を読む