呼吸器内科領域で、頻繁に使われる吸入薬の1つが吸入ステロイド(ICS)。多くは気管支喘息に用いられますが、時にCOPDにも使われます。ICSは、原則として長時間作用性抗コリン薬(LAMA)や長時間作用性β2刺激薬(LABA)が使いにくい場合や使っても効果が得られなかったときに用います。

COPDにも吸入ステロイドが効くことも?の画像

ログインして全文を読む