COPDが重症の場合、肺容量減量術という手術を行うことがあります。これは、気腫化した肺の一部を切除することで、肺容量を減少させるもの。最大吸気位でがんじがらめになった呼吸筋の運動を回復させることが目的です。

肺に充填剤を流し込む「ELS」は有効か!?の画像

ログインして全文を読む