内視鏡をするときに経口挿入か経鼻挿入かという選択肢を選べるようになったのは、カメラの径が細くなったからと言われています。技術の進歩が成せるワザですね。若手医師は細い気管支鏡に慣れていることもあり、経鼻で行うことも少なくありませんが、個人的には経口で気管支鏡を挿入する方が慣れています。経鼻は経鼻で、結構イタイですしね。鼻血が出ようものなら、患者さんからのクレームも覚悟しなければなりません。

気管支鏡は鼻と口、どっちから入れますか?の画像

ログインして全文を読む