呼吸器内科は市中肺炎・肺血栓塞栓症といった急性疾患から、肺癌・COPDといった慢性疾患まで幅広い疾患を扱うため、呼吸器内科医が読まなければならない論文は膨大です。

海外では想像以上にCOPDの誤診が多い!?の画像

ログインして全文を読む