今回は、高齢者診療では、薬剤性の有害事象の可能性を常に念頭に置く必要があることを症例ベースで紹介します。

「薬の影響であわや終末期」は意外と多い!? の画像

ログインして全文を読む