55歳の男性が、本日朝より気分不良を訴えて自宅で横になっていた(寝ていた)。夕方になってトイレに行こうとして立ったときに失神(約数分間)を起こし、顔面蒼白となったため家族が救急車を呼び、救急搬入された。胸痛・背部痛・頭痛・腹痛・腰痛など疼痛はなく、既往歴も特にない。

55歳男性、失神・顔面蒼白の画像

ログインして全文を読む