急性冠症候群とは、冠動脈病変の急激な変化に伴う急性心筋虚血の結果生じる症候群で、急性心筋梗塞(心臓性突然死を含む)と不安定狭心症に大別できる。これらの疾患は同じ病態で、粥状動脈硬化病変(冠動脈プラーク)の破綻とそれに伴う血栓形成が基盤となって発症すると考えられている。この血栓が冠動脈を閉塞したり、狭窄することにより、その破綻部末梢の冠動脈血流量が低下または途絶して心筋虚血や心筋壊死が急性に発生し、さらには致命的な不整脈を合併する。

急性心筋梗塞と不安定狭心症に大別の画像

ログインして全文を読む