なぜ日本人は、「水」や「安全」には金を払い、「医療」に払いたがらないのか。日本の医療従事者は、自分たちが提供している「医療」サービスの価値説明を怠ってきたように思う。サービスの価値が十分に理解されていないが故に、サービスが妥当であるにもかかわらず、患者や家族に訴えられる。サービスの価値が低く見積もられているがために、患者が不必要に救急外来を受診したりするのではないだろうか。医療サービスの価値について、もっと国民に分かりやすい形で説明していく必要があると思う。

水には金を払えるが、医療には金を払えない日本人の画像

ログインして全文を読む