厚生労働省が10月17日、「医療事故調査委員会」設置に向けた試案を公表した。「医療崩壊」で医療への司法介入の問題点を指摘し、医療界のオピニオンリーダー的存在となった小松秀樹氏は、この試案に強く異議を唱える。試案のどこが問題なのか?医療事故調を議論する際に必要な視点とは?小松氏の最新論考を緊急掲載する。

小松秀樹が語る「医療に司法を持ち込むことのリスク」の画像

ログインして全文を読む