厚生労働省は、2011年度からレセプトのオンライン請求を義務化する方針を打ち出している。その先進国である韓国を視察した本田内科医院(長崎市)院長の本田孝也氏に、韓国の現状や日本で実施された場合の影響などについてまとめてもらった。(編集部)

韓国のオンライン請求事情と10年後の日本の画像

ログインして全文を読む