今年4月にADR法(裁判外紛争解決手続の利用の促進に関する法)が施行され、医療の分野でもADR設立の動きが活発になりつつある。では、そもそもADRとは何か、どんな役割を担うことが期待できるのか、その問題点は――。ADRに詳しく、自身も「医療事故紛争処理機構」の設立にかかわる早稲田大学大学院法務研究科教授の和田仁孝氏に解説してもらった。

医療機関による紛争解決がADRの前提の画像

ログインして全文を読む