「主治医制」は、最近、医療制度改革の関連でよく取り上げられるキーワードだが、そもそも主治医とは何か、どんな役割を担う医師なのかは必ずしも明確ではない。東海地域の有志医師を中心に組織する「内科学研鑽会」は、「総合プロブレム方式」と呼ぶ診察の考え方・カルテ記載方法の実践を通じて「主治医機能」の確立を目指す。事務局長を務める三澤健太郎氏(聖隷三方原病院総合診療内科)に、「総合プロブレム方式」の概要と「主治医機能」についての考えをお聞きした。

「主治医機能」の実践には方法論が必要の画像

ログインして全文を読む