日本産科婦人科学会の「産婦人科医療提供体制検討委員会」は4月12日、最終報告書をまとめた。これは、医療提供体制の在り方から医事紛争解決システムまで広範にわたる内容だ。同委員会の委員長を務める海野信也氏(北里大産婦人科教授)に、報告書をまとめた経緯や概要を聞いた。(編集部)

産婦人科医療の危機に際し学会が提言の画像

ログインして全文を読む