帝王切開手術で女性を出血死させたとして逮捕・起訴された、福島県立大野病院に勤務していた産婦人科医の初公判が明日、1月26日に開かれる。その行方が注目されるところだが、そもそも2006年2月の担当医の逮捕や医療事故を刑事事件として扱うことを問題視する声は多い。この点について、同医師の所属医局の福島県立医大産婦人科教授の佐藤章氏に、当時の経緯も含めて聞いた。(編集部)

福島県立大野病院の医師逮捕は不当の画像

ログインして全文を読む