『日経メディカル』2007年1月号特集のテーマは「誰が医療を殺したか?」。その中で取り上げたのが、特にここ数年で勤務医不足が一気に深刻化した地方の中小都市の公立病院の現状だ。その過程で取材した、西脇市立西脇病院(320床)院長の大洞(おおぼら)慶郎氏に、勤務医不足が地域にどのような影響を与えているのかを語ってもらった。

医師確保は現場の努力だけでは限界の画像

ログインして全文を読む