独立行政法人化されて3年目の国立大学で、付属病院の経営問題が深刻さを増している。国立大学協会によると、2005年度に大学予算を病院に投入せざるを得なかった大学は、42大学中4大学。2006年度からは診療報酬が3.16%引き下げられ、さらにこの数は増えると予想される。法人化直前に病院を新築移転し巨額の負債を抱える岐阜大学。学長の黒木登志夫氏に、付属病院の経営が今どのような状況に置かれているのか、国としてどうすべきなのか、語ってもらった。(編集部)

国立大病院を破綻させるなの画像

ログインして全文を読む