悪質タックル問題が世間をにぎわせた初夏が過ぎ、本格的な夏を前に、第21回日本臨床救急医学会総会・学術集会が名古屋で開催されました。救クリでは、医師、看護師、救急救命士がそれぞれ発表を行ってきました。各々思うところがありましたが、それは後々お伝えするとして、今回は木川が参加して感じたことをお伝えしたいと思います!

救急医療の出口問題は地域包括ケアで解決するかの画像

ログインして全文を読む