ゴールデンウィーク(GW)が去り、しばらく祝祭日がないことを嘆く声が聞こえてきますが、救クリはGW中も休まず走り続けていたため、世間とは逆に一段落した感じです。GW中のとある日、高齢のCPA(心肺停止)患者が当院に救急搬送されてきました。こうしたケースで毎回思うことがありますので、今回はこれをテーマにしたいと思います。

高齢者救急の現場で思う「長生きは幸福か」の画像

ログインして全文を読む