今年もあっという間に1月が終わりましたが、先月は例年になく、CPA(心肺停止状態)の患者さんが多かった印象です。そこで今回は、昨年10月の日本救急医学会でも話題となった「高齢者の心肺停止の救命救急センターへの搬送」について、今年1月の救クリのデータと絡めて考えてみたいと思います。

在宅高齢者の急変時の救急搬送は減らせるの画像

ログインして全文を読む