全国有数の”救急過疎地”サイタマに全国初となる救急科に特化した診療所として開業した「川越救急クリニック」は、院長と私、3人の看護師と2人の事務員で毎日16時から翌朝まで運営している破天荒なクリニックです。マスメディアには称賛されていますが、医療界では何のインパクトも示せていません。それどころか、異端児扱い、煙たがられている存在に甘んじている状況です。

救急過疎地の「救世主」、果たしてその実態は?の画像

ログインして全文を読む