認知症診療で家族あるいは介護施設から相談を受ける主な行動障害・精神症状は、睡眠障害と暴言・暴力行為だと思います。睡眠障害は、患者もつらいかと思いますが、それ以上に夜間患者が寝ないことによる介護家族の精神的、身体的負担の方が大きな問題であろうと推定されます。今回は、この睡眠障害についての建前と本音を考えてみたいと思います。

認知症患者に睡眠衛生指導は有効か?の画像

ログインして全文を読む