昨今の認知症診療では、アルツハイマー型認知症の超早期あるいはpreclinical stageの診断ツールとして、アミロイドPETやタウPETが話題となっています。また、抗認知症薬の治験では、アルツハイマー型認知症の診断のためにアミロイドPETを行うことが求められています。しかし、これらの検査は、現時点では直ちに臨床の現場で役立つわけではありません。

SPECTのみでアルツハイマーの鑑別はできないの画像

ログインして全文を読む