認知症の判断では、「詳細な病歴聴取」と「患者さんへの丁寧な問診・診察」が基本となることを、以前から私は強調してきました。恐らくこの2つのステップをきちんと行うことができれば、その患者さんが認知症か否かの判断は可能だと思います。もし、認知症に進展している、もしくは加齢に伴う物忘れにとどまっているのかの判断ができないときは、改訂長谷川式簡易知能評価スケール(HDS-R)などの神経心理検査や脳画像検査を行うことになるかと思います。果たして臨床像(病歴と問診・診察)で判断ができない患者さんにHDS-Rを施行することで正しい判断あるいは診断につながっていくのでしょうか。今回は、この神経心理検査について考えていき

HDS-Rでアルツハイマー型認知症を鑑別できる?の画像

ログインして全文を読む