認知症と診断された後、介護保険を利用したデイサービスやショートステイなどを利用するよう医師から家族に勧めることが多いと思います。これらの公的サービスを患者が利用する際には、要介護認定を受けておく必要があります。申請から認定までの流れを解説しますと、市区町村の窓口に申請をすると、まず行政から委託された訪問調査員が患者さんの自宅を訪問し心身の状況に関する聞き取り調査(基本調査)を行います。

要介護認定で主治医意見書は考慮されない!?の画像

ログインして全文を読む