アルツハイマー型認知症では、経過に伴い怒りっぽさ(易怒性)や暴言、興奮、不穏などの活発な周辺症状が出現あるいは増悪することが少なくありません。易怒性や暴言に対して、基本的な薬剤選択はメマンチン(商品名メマリー)で、感情や言動の安定化を図れることが多いと思います。メマンチンを使用しても前記症状の軽減が得られず、介護家族の負担が大きいときには、抑肝散などの漢方薬あるいは抗てんかん薬、抗精神病薬を使用せざるを得ないと考えています。漢方薬や抗てんかん薬の使用に関しては、比較的抵抗なく処方しようと思われるのだと推測されますが、抗精神病薬に関しては、躊躇するあるいは嫌がる先生方が多いのでないでしょうか。

易怒性を示すアルツハイマー型への抗精神病薬の処方をどうするか?の画像

ログインして全文を読む