主たる介護者(例えば、夫婦2人生活の場合、認知症に進展している患者の配偶者)が認知症を理解できない、理解しようとしない、もしくは認知症に罹患した患者さんに関心がないなど、介護に支障をきたす事例をよく経験します。今回は、こうした場合の介護者への対応を考えていきましょう。

ログインして全文を読む