抗てんかん薬は、易怒性や興奮に代表される感情障害の安定化を期待できる薬剤群です。同様の薬効を期待できる抗精神病薬の使用を躊躇される先生方は、抗てんかん薬を使用されるとよいかもしれません。ただし、幻覚や妄想に対して抗てんかん薬は効果を期待できませんので注意してください。

認知症診療で抗てんかん薬を使いこなそうの画像

ログインして全文を読む