抗精神病薬と聞くと、第一世代の定型抗精神病薬であるハロペリドール(商品名:セレネース他)やクロルプロマジン(ウインタミン他)が高い有用性を持つ一方で、流涎や歩行障害、動作緩慢などの強い副作用を伴うことを思い出し、かかりつけ医の先生方の中には抗精神病薬の使用に躊躇する方も多いのではないでしょうか。しかしながら、認知症診療の中で周辺症状が目立つ患者さん、特に妄想や幻覚、暴力行為などが活発な患者さんには、どうしても抗精神病薬を使用せざるを得ない場合が少なくないと思われます。抗精神病薬を上手に使いこなすことができると認知症診療のスキルは格段に広がります。

認知症診療で抗精神病薬を上手に使いこなすの画像

ログインして全文を読む