物忘れを主訴とする患者さんに対しては、治療可能な認知症の中で遭遇する機会が高いものをいくつか考えながら、診療を進めるようにします。

認知症に類似する疾患を侮るなかれ!の画像

ログインして全文を読む